<<こんぺてぃしょん  | ホーム | こりゃ赤い>>

スポンサーサイト 

--.--.---- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AKB期末テスト 

2013.04.23Tue 01:27

先週土曜日の、めちゃイケ AKB期末テストスペシャル、とてもよかった。
かれこれ1ヶ月以上楽しみにして、矢部さん結婚式スペシャルによる延期も待った甲斐があった!!
普段CDやDVDを全然買わないAKBヲタだけど、このDVDは完全版で出してくれたら確実に買う。
(イベントはすぐに映像作品化してくれるだろうというヲタ発想。)

よかったと思うのは、メディアの傷をメディアで治していく方法があるんだなということ。
そして単純に企画自体の巧妙さ。



オープニング、変装ドッキリ
メンバーの振り切れた変装がとてもよい。他の番組のコントなどでおかしな変装はよく観るが、土曜のゴールデンでこれだけ振り切れているところを見せられるのは、こどもにもわかりやすい笑いだし、印象も悪くない。
前髪の形を気にしていることで有名なまゆゆなのに、完璧な「そうです!私が変なおじさんです!」と言って登場する、一般層に見せたいところってこういうところなんだよなーと思う。

さしみね
カガリさんがtwitterで「応援したくなります」と言っていたとおり、さしみいに対する番組側の優しさが終始伝わってくる内容だった。メディアの怖さを一番味わったふたりで、こういう時代なのは可哀想だと思うんだけど、こうやってメディアによって救う方法もあるということがわかって、スタッフの方はよくやってくれたと感じた。
ネット上ではかなり見たあだ名に対して「させこじゃない!」と思いっきり放送するなど。
土曜のゴールデンで何を言ってるのかとバッシングもあると思うが、個人的にはスッキリした。
ネットの意見をテレビでスパスパ切ってくれるめちゃイケが好き。
調子に乗ってしまってるような誤解される印象を与えさせず、頑張って笑いになるよう考えてくれていて、演者としてもきちんと応えられていたという印象。もっと弾けてもよかったかもしれないが、おとなしいくらいでちょうどよかったのだと思う。

フライングゲット
最近はキンタローのダンスの方が思い出せるようになってしまったフラゲのダンス、このブームの流れでメンバーに踊らせるのは個人的にこの番組で一番すきなシーン。最初の優子は、本当に聞かされていなかったようで「なに?何のミュージック?」みたいな反応をしているのだが、顔がキョトンとしたまま、音楽に合わせてキチンとポーズを取っているのはさすがだった。むしろこの顔と身体のギャップに萌えてしまう。身体が勝手に操られている系の何かみたいで。その後1フレーズしっかりとダンスはこなすのだが、実際にはダンスは間違いまくっている。このキンタロー用の短縮フラゲを踊ったことないから当たり前なのだが、その踊れてないけど踊れている感じがクセになる面白さ。
次のみいちゃんのフラゲは、これはもう完璧なバラエティ仕様のフラゲで、キンタローに匹敵するか超えるかくらいにキレッキレでコミカルなダンスだった。あまりに完成度が高いのでもしかしたら一度くらいは練習しているのかも知れない。ハゲヅラの頭部を見せる箇所とか、突然踊ったにしては瞬発力が高すぎる。
ダンスを当てた(放送されてる分)のが優子とみいちゃんという、AKBでもダンスが上手い方の人に当てているのはわざとなのかな。かなり用意周到な企画。
最後に優子の2回目は、みいちゃんのダンスを少し参考にして面白くなりつつ、もうこのバージョンで完璧には踊れないからオリジナルでサッカーのステップ入れるところが優子らしくてかっこいいし、その後のはにかみがかわいい。これはこれで編集なしで全身の映像を見たかった!一応岡村さんが笑い的に補助を入れて来たりしてくれるんだけど、個人的には必要なかった。
この3回のダンスシーンをそれぞれもう10回くらいずつ鑑賞してます。笑

たかみな
総監督が森三中の黒沢にしか見えないという意見が多すぎて、確かにそんな気もしなくもないですが、個人的にはあそこまで自分の立ち位置を理解して、アイドルなのにあそこまで破顔して、素直にリアクションを取れるたかみなは潔くていいと思います。
ところでたかみなって、あんなに勉強できないのにあそこまで人をまとめる力があって、メンバーからのカリスマ性があって、何万人の観客の前で堂々と話せて、逆にすごい、というかどうなってるんだろう、と思う。
学校では何となく勉強ができる人がリーダーをやることが多いし、国語力がある人が弁が立つものだと思っていたけど、あれだけ基礎学力のない人が大衆の支持を得るというのはやっぱり努力とグループ愛か。
勉強できない人に、ルービックキューブのMCができるというのがにわかに信じられない。
「2年前の組閣は、正直すごく悲しかったです。
長年連れ添った仲間との別れ、どうなるかわからない組閣に、不安しかありませんでした。
ですが、2年後の今回の組閣は、わくわくとどきどきが正直止まりません。
全然違う話をすると、ルービックキューブあるじゃないですか。
色が揃うと、壊したくなりませんか。
色をぐちゃぐちゃにして、やり直したくなる。そんな気持ちです。
きっと今、2年かかってやっと、チームとしてまとまりが出てきたんだと思います。
でも、そこを壊します。新しい、第二章を生み出すために。」


さやねえ
NMB代表でさや姉が出演して、あまり目立たなかったことで、がっかりした声が多かった模様。
確かにわたしも放送前は「さや姉は優秀キャラを出せるに違いない」「笑いのセンスもあるし一発爪痕残してくれるかも」くらいに期待していたが、まあまあ空気の、そこそこ頭がいい地方代表という役どころだった。
番組的にも彼女に用意した役割はそんなところだろうし、その要望に応えられたならよかったのだと私は思う。
微妙な5位という順位で納得いかず悔しそうなとこと、そっからのたこ焼きが見れただけで満足です。
みるきーかゆいはんの方が目立ったのでは?ということだったけど、NMBの代表として印象を悪くしない、点数が良すぎても悪すぎてもダメというところでちょうどいいところだったと思うんだけどな。
それより、国語が苦手だというのを見て、「だからブログに時間かかったり、失言するのか…」と納得した。

ちんともさん
キンタローとの絡みで態度が悪いという意見が来ていたようだが、そんな意見が来るとすら思わなかった。
優子と川栄の発言で口が悪いとは言われそうだとは思ったけど、この演出が理解できない人もいるのか。
でも確かにちんともさんは誤解されやすいので、ネタならもう少しネタっぽく無視してもよかったのかなと思った。変な顔するとか。

にゃんにゃん
こじまさんの解答の面白さとすっ惚け具合はこの企画に必要不可欠な絶妙さ。
5がない、ハーブ、カエル、全部クオリティ高かったなー。

あんにんとりっちゃん
あんにんってよく知らなかったけどここまで頭よかったんだ。
この二人を1位とドベにするというシナリオだったんだと思うけど、うまくハマったものだ。
アンリレの時は興味なかったけど、これ一発で二人ともぐっと興味が出た。


全体的に、AKBの使い方がうまいのは、キャラのことをよくわかって使っているのと、つまらないAKBのガヤの音声をほとんど拾ってないからなのか。ほとんど岡村と当たっている人の声しか聞こえない。

いやー、とてもいい番組だった。2時間半ずっと目が離せない面白さだったなー。
後日の未放送版も楽しみだな。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

シラサキマイ

グラフィックデザイナー http://www.strikingly.com/srskmy

昨夜未明というバンドをやっていました。


http://sakuyamimei.jugem.jp



昨(今)夜未明のカヴァー「ノンストップジェットコースター」
Cmt
アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。